20代でシミが出来るのは何が原因?どんな化粧品が効果あるの?

私は若いからシミなんて全然平気!
そんな油断が、のちのち悲劇を生む可能性は充分にあります。

20代シミが出来ない保証なんてどこにもないのです。
では、20代でシミが出来る原因などを見ていきましょう。果たして化粧品に効果はあるのでしょうか?

20代だからとシミに対して油断をしてはいけない!

20代の場合は、肌の新陳代謝は活発なので30代、40代に比べて確かにシミに神経質になる必要はありません。
しかし、実は20代でも体調や神経的な不調でシミが簡単に出来たりします。

現代はストレス社会とも言われていますので注意が必要ですね。
また、自分は若いからとこの手のシミを放っておくと、皮膚に浸透しますので早期の対応が必要と言えます。
では、ここで一度シミの性質を整理してみましょう。


・表皮性
・真皮性
・混合性

この中で軽微なシミは、表皮性になります。
このタイプのシミは、まだ化粧品でも効果を感じるかと思います。

大事なことは、ここから真皮性などに移行させないことです。
病気も早期発見、早期解決が大事なようにシミ対策も同じことがいえるのです。

特に若いうちは、何かと私生活が乱れがちになります。
夜更かし、飲酒、暴飲暴食。

確かに楽しい事ですが、お肌に良くない生活などは改めましょう。
20代のうちは特に、社会人となって仕事でストレスなども溜まりがちです。

また、私生活でも結婚してうまくいかないとストレスも抱えます。
つまりは、シミになる原因は年齢はあまり関係ないということです。

ただ、上述しましたように若い内は肌の新陳代謝は活発です。
余裕をもっていられるのも肌年齢が曲がり角になる時期までと考えましょう。

実は美白で綺麗な肌でも、1点のシミで一気に10歳は老けて見える。
これは非常にもったいないですからね。

コーセー(KOSE)の米肌は20代のシミに効果があるの?

20代からシミの化粧品を使っても良いの?

シミの化粧品というと、どうしても30代~とか思いがちですが20代からでも予防を兼ねてシミの化粧品を使うことは問題ないです。
しかし、注意したいのがきちんと予防できるもので、肌に負担がかからない化粧品選びが重要です。

逆に、肌に負担のかかる化粧品などを使うと逆効果になる場合もあります。
自分に合うシミ用の化粧品は何なのか?

それは、実際は使ってみないとわからないものです。
そういう場合は、シミのトライアルキットの化粧品でお試ししてみると良いかもしれません。

あなたが、5年先、10年先美白で綺麗な肌でいられるかは、今からどのように過ごすか、どんな化粧品を使うかによりますね。
ドラッグストアなどでも化粧品は多くありますが、自分のあったものを見つけられるかがポイントだったりします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。