ホルモンバランスの影響でシミが?化粧品でシミを消すことはできる?

シミの原因の一つに「ホルモンバランス」があります。
シミにも種類がありますが肝斑として、顔に出来てしまう場合があります。

女性の場合は、妊娠によるホルモンのアンバランスでシミになるケースがあります。
また、ストレスによるホルモンバランスの影響もあります。

もし、アナタがシミに悩んでいる場合、何が原因か究明することが大事です。

ホルモンバランスのシミはどのようにケアすれば?

ホルモンバランスの乱れが原因のシミでも突き詰めると、メラニン色素の形成によるものです。
妊娠によるホルモンバランスは出産後に整っていくものの、一緒にシミが消えるわけではありませんのでケアが必要になります。

出産などでのシミ対策でクリニックには通うのも何かと大変かと思いますので、化粧品などで自分でケアするのが一般的ではないでしょうか?
シミ対策の化粧品は市販、通販などで購入できますが「医薬部外品」のものを選ぶと効果が高いことが期待できます。

厳密には化粧品と医薬部外品は違いますがここでは、シミ対策用の化粧品の括りで説明しています。

シミは命には別条はありませんが、女性のとして美を追求しているのであれば改善したい項目ですね。
出産が終われば、今度は子育てがスタートします。
子育ては、本当に大変で子どもが小さい内は片時も目を離せません。

妊娠、出産が原因でシミが出来ても正直、じっくり治している時間はないのが現状なのかもしれませんね・・・
しかし、ここでシミを治しておかないと子育てとともに、多くのママ友とも接する機会が増えてきます。

また、学校の授業参観、記念撮影などまだまだ女性で居なければいけない時間は長いものです。
ホルモンバランスのシミは防ぎようがなく仕方ないかもしれませんが、それを改善することも大事になってきそうですね。

シミに悩むお母さんのお話(コラム)

シミは想像以上に、実年齢よりも老けて見えるものです。
重症になると顔が汚く見える場合もあります。

子どもの授業参観には若くてきれいなママ友達が集まってきますが、シミによる老け顔で自信を持って参加できなのが悩みです。
また、ママ友同士のランチなんかでもオシャレをして出かけられないもの悩みです。

一日も早くシミを改善するために化粧品などでケアしています。
このまま、シミが治らないとどうしようかと不安にもなります。

最悪、クリニックでのシミの改善も検討しています。
また、出来る限りの努力は今後もしていくつもりです。