シミを消したいからと、ハイドロキノンを使いすぎはNG。副作用ってあるの?

全体的にキレイな肌なのに、「ほんの一点の茶色いシミがうらめしい!」
シミが出来た女性の悲痛な声は痛いほど理解できます。

目元にほんの一点あるだけでなんでこんなに悲しいの・・・

そんな、あなたはハイドロキノンを使いすぎていませんか?
シミと言えば、ハイドロキノンで有名ですが濃度の高いもの、使いすぎは注意が必要なのです。
ハイドロキノンはシミに効果が高くても、副作用もあるので使い方によっては諸刃の剣なのです。

ハイドロキンを使う際の注意点とは?

ハイドロキノンはこういう呼ばれ方をします。

「肌の漂白剤」

それほど、色素沈着をはじめシミを薄くする効果が高い成分です。
しかし、この「漂白剤」という表現。こわくないですか?
決して、肌には良いイメージはないはずです。

ハイドロキノンを使いすぎると白斑になる場合があるのです。
白斑とは、逆に肌の色が抜けてしまうのです。シミとは逆の現象ですが副作用と言えます。

少し脅してしまいましたが、一般的なシミの化粧品でハイドロキノンが配合されているものは濃度が薄いので白斑にはならないと考えられています。
ただ、このような副作用も意識しながら使いましょう。

茶色い斑点が憎いからと使いすぎは良くないです。

ハイドロキノン以外でシミに効果のある成分はあるの?

シミ対策には「予防」と「治療」の2種類あります。
あなたは、おそらく「治療」に興味がおありかと思います。

ハイドロキノンほどではありませんが、肌に優しくシミに効果が期待できる成分としては「プラセンタ」が最近、話題を呼んでいます。
プランタも有名な成分ですね。

プラセンタがシミに効果が期待できるキーワードとして「ターンオーバー」があります。
ターンオーバーが正常に行われていることで、シミが出来にくいお肌になります。
プラセンタは細胞の増殖・再生を活発にしてくれる作用が有ります。
そのため、お肌の新陳代謝やターンオーバーの乱れを正常に戻すしてくれるのです。
残ってしまったメラニン色素を排出しシミを薄くしてくれるのです。

ハイドロキノンもシミには効果がありますので、うまく使い分けてみるのが良いかもしれません。

【ハイドロキノン VS プラセンタ】
ハイドロキノンとプラセンタ。いずれもシミに有効な成分ですが以下のシミの化粧品は大人気です。
シミ対策に人気という表現は微妙ですが是非、ご参考になればと思います。

新安定型ハイドロキノンを配合した、アンプルール

プランタ、シコンなどの美容成分でシミに挑む、シミウス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。