紫外線が原因のシミはどんな化粧品を選べばよいの?

シミの原因の一つである「紫外線」。
そもそも、紫外線でシミができてしまう人、できない人がいます。

紫外線でシミができてしまう人の特徴は?アナタは大丈夫?
今回は紫外線の感受性とどんな化粧品を選べばよいかに迫ってみます。

紫外線でシミができる人の特徴は?感受性を知ることが大事

紫外線が原因でシミができるかどうかを見るには実際に日に当たってみることです。
その行為に抵抗があるのも分かりますが、自分の紫外線の感受性を知るにはこの方法になります。

実際に、日に肌をあてて肌が真っ赤に日焼けしその後、黒くなる人は紫外線の感受性が強いと言えるのかもしれません。
一方で、日焼けをして肌が赤くなっても数日で白く戻る人もいます。

ここが紫外線の感受性の違いです。感受性が強いとシミになる可能性も高いので注意が必要です。
まずは、アナタ自身が紫外線の感受性が強いのか知ることで対策を考えることが大事です。

注意が必要なのは、紫外線の感受性が弱いからと言ってシミができない保証もありません。
ケアは行っていくのが望ましいです。

紫外線が原因のシミにはどんな化粧品が良いの?

シミの有効成分に「ハイドロキノン」があります。
ハイドロキノン配合の化粧品はシミの原因のメラニンの生成を抑制してくれる効果が期待できます。

また、シミと同時に美白を目指したりするものです。
美白にはビタミンCが効果的なのは有名ですね。

最近ではビタミンC誘導体の化粧品も多くあります。アンプルールなんかは「ハイドロキノン」、「ビタミンC誘導体」の化粧品です。
メディアなどでも有名ですね。

他にもシミに有効な成分として「シコン」、「プラセンタ」などもあります。
シコンの化粧品などは肌荒れにも効果が高くテレビなどでも紹介されていました。


紫外線は朝が一番強い?

シミに悩むアナタに是非、気をつけてほしいのが朝の紫外線です。
朝起きて、朝日を浴びるのは気持良いものです。一方で、何も紫外線対策をせずにいきなり朝にカーテンをあけて紫外線を浴びるのは注意が必要です。

実は、朝の陽ざしはそこそこ紫外線が強いものです。
レース状、もしくは紫外線カットのカーテンをつけてなるべく浴びないようにするのもシミ対策の一つです。

化粧品でシミ対策をしてもなるべく紫外線には当たらないのが無難かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。